2006年 07月 16日 ( 1 )
季節の変化
研究室の壁…

大学の研究室ともなると、世界的に最先端な内容を扱っているところがある。
よって他の研究室との関わりは少ない。
よって、同じような方向性を持つ研究室とのちょっとした会話はあっても、共同研究なんてことは盛んに行なわれていないように感じる。

一部の研究室しか知らない自分の偏見かもしれないが、これは何だかもったいない。
自分の通う学科は、四つの分野の統合みたいなところだ。ならば、その四つの分野の要素を混ぜて新しい何かを作ることが醍醐味だと思う。

そういうところを受験生にアピールしていけば、より志の高い奴らが入学を希望するのではないか。
そうすれば、個々の研究室の質も上がるのではないか。


そんなことを考えながら、今は電車に揺られている。
最近、汗をかく季節の到来で、上半身の肌が荒れに荒れている。
今までなったことがない荒れ様なので、「死期が近いのでは?」と思ってしまうくらいだ。
医療系の道に進んだ知り合いに相談してみようかな…
試験の拘束が無くなったらすぐに医者に向かおう。
[PR]
by skc_rr-22 | 2006-07-16 14:32