2006年 05月 06日 ( 1 )
オール明けの夢…
オールで就活や、今後の日本の行く末、世界の行く末に酔っぱらいが熱く語った午前二時。
頭痛が生じてグダグダになってきた午前4時。
朝マックをした午前5時半。
早朝散歩で公園に行った午前6時。
そして帰宅は午前8時頃…

シャワーを浴びて、すぐさま床に就きました。
するとヘンな夢を見てしまうことに…

場所:職員室。
メンバー:職員、友達、その他大勢。

自分は友達と話している。するとそこで行列◎出来る法律相談所みたいな番組が始まる。
そこでは人に危害を加えるのはどこから犯罪になるのかをやっていた。
芸術家の腕を叩いて負傷させるのと、一般人の腕を叩いて負傷させるのと
罪の重さに差があるのかどうかみたいな感じで、番組的には差があるってことだった。
それをみていた職員が、なぜか自分につっかかってきた。そこで、「自分はやめてください!!」
と言いながら職員を押す。すると職員は「私は長刀の4段ですよ!!」と脅してくる。
自分は負けじと、相手の腕を捕まえながら抵抗する。
するとそこで相手が言ったことは…
「あなたが今つかんだせいで、私の長刀人生がダメになってしまったじゃないか!!
 責任をとれ!!」
みたいなこと。そのときなぜか反論できる人が登場しなかった。
きっと寸前にみたTV番組がいけなかったのだろう。
しかし目が覚めてみると、なんだかおかしな点に気づく。
武道家たるもの、腕を少し触られた程度でダメになってしまうようなら、
所詮そこまでの器なのだと。それを思いっきり怒られても理不尽だと。
まぁ、長刀は繊細なことを要求されるというなら別ですが、すくなくとも自分がやってた
剣道では、10代半ばの青年が力を入れずに腕に触っただけで選手生命が絶たれる
などということは無いですから…


こんな夢を午後3時ごろにみました。
さかのぼること3時間。本日正午くらいに見た夢は

ある容器の中に植物の種子とあるものを加えて数分間蓋をして待つと、
蓋を開けたとたんに植物が一気に生長する!!
という、まさに夢のような現象が起こっていた。
この植物増勢を成功させた博士が、その植物の構成要素を調べて、
それを特殊機関に持って行って、『「A、B、C」の3つの要素で増勢が成り立つ』
ということを証明しに行ったら、「これらはA,B,Cの要素ではない!!」
とサンプルをムゲに押し返されました。
その理由は、Aという物質は液状では沈殿するはずなのに、
博士がAだと思った物質は泡とともに溶けてしまったからです。
そこで気落ちした博士がこの事をVTRにまとめて、ある機関に送って、
その機関でそのVTRをみたのが自分でした。(設定が長い…w)
そこで、博士の貢献についていろいろな意見がありましたが、
最後に熱心な人が「この実験の功績は博士のモノだ!!だから今回みたVTRの内容は他言無用ということにして、今後この博士が大きな功績を挙げたときにみんなで喜ぼうじゃないか!!」
と言いました。

それについてあーだこーだ言う意見が出る前にナゼか目が覚めてしまった正午でした…


久々のユメネタでした。
次の日に何もなくて、ゆったりと眠るとそれまでつまってた情報がいろいろと出てくるね。
3時のユメは今朝電車の乗り換えで階段付近に突っ立ってたおっさんと腕が接触した
ことが多少関わってるだろうし、正午のユメのA,B,Cの物質の云々は最近みたトリックの
毒が入っているかいないかを見分けるようなのが関わってるだろうし、とにかく支離滅裂w
そんなユメだけど、なかなか見飽きないんだよね。 
でも、もう少しストレスのたまらないユメがみたかったりもするかなw
容器から植物が急成長して飛び出てくるのはマジでコワイですw
[PR]
by skc_rr-22 | 2006-05-06 15:56 | ユメ