driver's_license-8
さて、教習して8日目。もう学科はすでに第一段階の全てを受け終えているので技能のみ。
しかしながら強敵の効果測定といものがある。第一段階のみきわめが木曜なので、あと三日
以内に効果測定を合格しておく必要がある。よって、今日も教本は2冊…重い…orz

さて、本日は教習所のシステムが一新された初日。昨日まではその事実を知っていたのだが、
今日の登校の時間にはすでにそれを忘れていた。というか、またギリギリの時間だったので、
バス停まで走ってハァハァしていたらそんなことを忘れてしまっていたのだ。。。
そして教習所に到着するとすぐに受付に行き、異様な雰囲気を体感。
ん?? なぜみんなカウンターに詰め寄ってるんだ??
理由もわからないまま、そのまま教習簿を受け取りに行くとシステム一新のお知らせが…
あっ、それで乗車受付がスムーズに行っていないのか!!納得♪♪
理系にいるのでその辺の不具合は充分に感じ取れる。
だからこそイライラしない。どうせ、もう難しい技能はないから時間が10分くらい短くなっても
へっちゃらだし。きれいなお姉さんじゃなきゃ教官と長く乗っていたいなんて思わないし(笑)
で、とうとう始業のチャイム鳴っちゃった。でもまだ用意出来てない。
5人ほど取り残されてる。で、なんだか教官長みたいなごっついのが出てきて、生徒を移動。
そして乗車場所で生徒を指導員に引き渡す。
絶対にあの人はこの教習所の権力者だ!!
ってか、システム関連の技術者も今日はたくさん居た気がする。普段のスタッフの倍の人数が
フロントに集まってた。通常はあの人達の勤務はどうなってるのか不思議に思いながら本日の
1本目がスタート!!
本日1本目の課題:交差点の直進と左折。
いつものように本日の内容を書いていきましょう………………
やばい、内容が思い出せない。教官が高校時代の世界史の先生に似ていることしか思い出せない。
そして教官の友達が博士号まで取得した強者だと言うことくらいしか記憶にない(笑)
まぁ、交差点では色々確認して、左折時は巻き込み確認をしっかりしようって話ですよね。
弱点として、半クラッチの時のアクセル不足、クラッチの即上げ、クランクS字の早期進入が
浮き彫りになったことをやっとのことで思い出せるくらい。本日の内容自体はほぼ知識零(笑)
関係ないけど、今「zero」って入力したときマイコンピュータのフォルダが開いた…
どうやら、zeの部分で「Shift+D」のショートカットをしてしまったらしい|||||IIiiorzII||

で、弱点が見つかった場所は坂道の頂上付近、S字の入り口、クランクの入り口、クランクの左折時、
停止後の出発である。もうすぐある修了検定ではここら辺が肝になりそうだ!!
とりあえず、ルームミラー→方向指示器→バックミラー→目視の手順を忘れずに曲がることが出来れば
修了検定はどうにかなりそうだ。アクセルをしっかり踏めばエンストはほとんど無いし、いざとなったら
1速でアクセル&クラッチの足技でどうにか走行すればいいじゃない??(ダメか…w)
とりあえず、3速までは多少ぎこちなくとも60メートルで切り替え出来るのでいいとしよう。
坂道の練習、クランク、S字とこなしてこの時間は終了。初めがゴタゴタしただけあって短く感じた。
でも、教官がいい人だったので今日はすぐに交代してくれていつもと同じ時間乗車できた気がする。
休憩はほとんど無く2本目に突入!!
本日2本目は信号の右折と見通しの悪い交差点の右左折。
まずは見通しの悪い交差点の右左折から。
教官は愛着のあるナマリが特徴的な細身の男性でした。
--------------------------------------------------------
1.左折編
交差点についたら一時停止(義務ではない)。そして窓を開けて外界の情報量を増やす。
ギアは1速でゆっくりと進み50センチくらい進んだら一旦停止。そしてハンドルを90度回す。
そしてまたゆっくりと進み50センチくらい進んだら一旦停止。次はハンドルを180度くらい回す。
そうしたら、慎重にゆっくりと進みながら右からの車が来ていなければそのままGo!!
注意点!!ゆっくりと進んでいる時に身を乗り出して右を観察すること。
左は気にしなくてOK!!右に集中する。あと、ハンドルを切りながらじゃないと反対車線にはみ出して
危険なので、直角に曲がれる努力をすること!!
2.右折編
交差点についたら一時停止(義務ではない)。窓を開いて情報収集。
ギアは1速でゆっくりと進み、50センチ進んでは止まるを2回繰り返す。
このとき、1.の様にハンドルは切らず、ほんの少しだけハンドルを切ると良い!!
そして、右の車線が全て見えたら左の車線から車が来ていないかを確認する。
確認して安全ならそのまま出発。
3.解説w
1.2.共に交差点に入る前に方向指示器と安全確認をして進路変更をしておくこと。
そして停止してからチョコチョコ動くのは右側車線の車がもしかしたら譲ってくれる
かもしれないと言うタナボタ(意味違うっぽいよねw)を狙うのである。
あとは、ゆっくり落ち着いて。教習所のコースでは少し登りになっているらしく、
油断すると後に下がるので先頭の時は下がらないようにクラッチを的確に!!
2番手以降の時はくっつきすぎないように気をつけよう。
--------------------------------------------------------
こんな感じでまとめてみたものの、修了検定中にみられるわけでもなく、
ケータイでこの画面を見ようものなら運転中のケータイしようで免許が遠のく。
なので、これはしっかりと記憶しておこう。
見通しの悪い交差点を終えると次は交差点の右折。のはずなんだが、記憶にない。
なんか「さっきと同じ感じでやって~」的なノリで説明されたのか、自分がそう
解釈したのかは定かではないが、とりあえず、特に意識せずに経過した。
そのあとで、坂道のクラッチ操作の疑問を投げかけると、とりあえず実践!!と言われ、
坂道に移動!!そして発進練習。まぁ、うまくいきますよ、もう3日目ですから♪♪
そして頂上に行くときにクラッチを優しく離そうって話だった。問題が発生したのはその後。
教習所の坂道は信号のある交差点のすぐ脇にある。よって坂道を終えて右折するとすぐに交差点だ。
つまり、右折したら方向を修正する暇もなく交差点で停止or通行。通行の時は対向車がいなければ
余裕でいけるだろう。しかし、停止の時はちゃんと枠内に収まらなければならない。
坂道発進の時はないがしろにしてきた内容だが、修検を前にして細かくチェックが入ってきた。
用量はクランクだ。思いっきり前輪が中央線を越えてから一気にハンドルを切る。そうすれば
直角に車が曲がるはずだ。で、やってみた。まだ早かったが、今までよりマシになった。
今後も意識してやっていこう!!さらに、坂道に入るタイミングも適当だと言うことが判明。
交差点中央の△印に左前輪を引っかけていく感じで進入しなきゃね!!
これも修検でしっかりとしておかなくちゃ♪♪
S字とクランクでの修正方法も教官が教えてくれて、遅く切りすぎない限りは減点対策もバッチリ。
エンストも1回までなら気にしなくていいらしいので、どうにかなりそう。
とりあえずこんな感じで2本目の技能も終了。おつかれさまでした。

そして、にっくき効果測定をするために測定室に。
まずは練習。9割にいったり、届かなかったり。これではいかんと、いったん退室。
そこで、チョコレート摂取と深呼吸をする。これで糖分は大丈夫だろう。
かるく苦手分野の問題を解いてからいざ効果測定へ。
計3回目の仮免前効果測定、結果は9割2分。4問ミス。
またしても読み間違いかチェックミスがあった。本番ではしないように、3回は問題を解き直そうと思う。
とりあえず、仮免前効果測定は無事に合格したのでみきわめを受講することも可能になりました。
残る技能はあと3時間。頑張っていこうっと。その間も仮免対策をしておかないとね。
追加料金とか嫌になっちゃうから。。。
ということで、早速例題集をAとB解いてきました。結果はAが9割4分、Bが9割8分。上々です♪♪
この調子でガンバロット。本日もお疲れ様でした。
翌日はお休みです。本業の大学のゼミなどをしっかりと頑張りましょう!!
[PR]
by skc_rr-22 | 2006-10-09 23:55 | 自動車免許


<< はぁ、 印刷代と製本代 >>