複雑な人物関係
最近読んでいる本はダヴィンチコードだ。
追われるものと、追うものとの二重構成のため話は章ごとに飛ぶ。
しかも、人物関係がつかみにくい。
さらに、ほとんどの固有名詞が横文字なので覚えづらい。

でも、とっても魅力的で面白い本だ!!




どこかで立ち読みしたスピーチのお手本で、
始めは相手を注意するようなことを連続で挙げて最後に誉めると
聞いていた人は最後の部分をより大きく感じ取り
記憶に残るのも最後の誉めた部分となると書いてあった。
だから、今回はそのように書いてみたつもりw
はたして、このスピーチの本は正しいのだろうか…www

いよいよ大詰め!!
ダヴィンチの残した暗号やいかに!!
ってか、むしろソニエールの暗号すらまだ解けてない…w
[PR]
by skc_rr-22 | 2006-03-23 00:16 | 戯言(雑記)


<< 角川書店 声がかれて… >>