「ほっ」と。キャンペーン
今日も風が強い
今日も風が強い!!

という趣旨のことをアレコレと書こうと思ったのだが、たったいま携帯電話に着信があった。
取ろうと思ったらすぐに切れてしまったのだが、履歴を見ると「User Unset」と書かれている。
見覚えのない表記にとまどい、何が起こったのかを寝ぼけ眼で必死に考える。
そして気づく事実。
今、自分のケータイ電話はEnglish表記になっているの。。。
そこで、このUser Unsetなる言葉が自分のケータイに出てきたわけだ。
いったいどんな言葉だろう。思いをはせる。

まず、ケータイに自分のメモリに入っていない相手から電話がかかってこれば番号が
表示されるだろう。メモリに入っている相手ならば番号+名前の表示でとてもわかりやすい。
次に、相手が海外からかけてきたりしたらケータイの表示には「表示圏外」と書かれるか、
「    」の様になにも表示が出ないでひたすら着信を告げるメロディーを奏でるかバイブが
振動し続けるのだろう。最後に、相手が非通知で電話をかけてきたら「非通知設定」と表示
されるわけだ。

こんなことをいろいろと考えた。そしてUser Unsetとはいったいどれに当てはまるのかを
適当に考えてみた。(この適当とはテキトーではなく、良い塩梅ってことですので{ちなみに、塩梅はもともと按排だったらしいです、僕が使おうとした意味に置いては exciteの国語辞典により})

User Unsetを2つに分ける。「User」と「Unset」のそれぞれの意味を考える。前者は使っている人、後者は設定の打ち消しで未設定が適当に思われる。ここで問題になるのはUserが電話をかけてきた人なのか、電話がかかってきた人なのかである。これらをふまえると次のような2つの可能性が考えられる。
Ⅰ:電話の持ち主が未だに設定していないことによる着信→メモリ外からの着信
Ⅱ:電話をかけて人が設定していないことによる着信→非通知による着信

この2つの可能性と、ケータイでの着信表記のアレコレを総合して考えるとおのずと答は見えてくる。そう、この着信は非通知設定だ!!!
ムカッ!!!!
電話してくるなら通知しなさい!!!
まぁ、通知電話でもかけ直さないことがしばしばですが…。

と、くだらないことを考えてないで、ケータイの設定を英語から日本語に変更すれば結論は容易にわかっただろうに、こんなことを考えるのはなぜだろう…。すこしでも脳を活性化させるためかな。
今日の風が強いことよりも、User Unsetについての話の方が内容的には濃いから良いのだけれど…w
[PR]
by skc_rr-22 | 2006-03-19 14:12 | 戯言(雑記)


<< やっぱり風が強い ダヴィンチ or ダビンチ ?? >>