試験後勉強_2
またまた、試験後の更新です。
あと2回で終わります。
やっと解放ですw
まぁ、好きでやっているのですがw
今回はクラスター分析ってやつです。
見たい人はさぁクリックです!!



今回はクラスター分析です。
これは前期にもやっていたのでなぜか余裕です。

01:x<-l
02:plot(x)
03:plot(x,type='n')
04:text(x,labels=rownames(x))
05:dist(x)
06:dx<-dist(x)
07:hclust(dx)
08:cx<-hclust(dx)
09:summary(cx)
10:plot(cx)
11:cxz<-hclust(dx,method="ward")
12:plot(cxz)
13:rect.hclust(cx,k=3)
14:rect.hclust(cx,k=3,border="green")
15:cutree(cx,k=3)
16:gx<-cutree(cx,k=3)
17:gx==2
18:which(gx==2)

01:サンプル5_1をlの中に入れる
02:サンプル5_1をプロットする(○で)
03:サンプル5-1のデータで枠を作る
04:サンプル5_1をプロットする(データの名前で)
05:データ間の距離を計算する
06:dxにデータ間の距離を入れる
07:dxをクラスター分析する
08:cxにdxのクラスター分析結果を入れる
09:cxの解析
10:dxをクラスタリングしたものを表示する
11:dxのクラスター分析をwardで距離計算しcxzに入れる
このとき、ward以外に
"single","complete","average","mcquitty","median","centroid"
という距離計算を使うことも出来る。それぞれの意味はhelp参照。

12:cxzを表示する(dxのwardでのクラスタリング)
13:cxを3つのグループに分け、それを囲む(赤色)
14:cxを3つのグループに分け、それを緑色で囲む
15: cxを3つのグループに分けたとき
  データがどのグループに分けられたかを表示する
16: gxに15:を入れる
17: 16:の中で2のグループに属するものをTRUE,
  違うものをFALSEで表示
18: 16:の中でどれが2のグループに属するのか表示する

以上でクラスター分析の復習が終わりです。
試験の5番をクラスタリングしたんですが、cutree使ってなかった…
時間が足らなかったのでしょうがないっすよね…
[PR]
by skc_rr-22 | 2006-01-20 03:42 | 戯言(雑記)


<< むむぅ~ 試験後勉強_1 >>