エレベーター
今日のお昼頃、1階でエレベーターを待っているときの話。

エレベーターは5階にあることを表示している。べつに急いでいる
わけではなかったのだが、せっかちな性分からずっとエレベーター
の動きを電子表示で追っていた。そして、3階で少し停止している
事に気づく。
「実験室関係で遅れているのか?」
と思っていたら、なんと電子表示で

満員


の表示が…

1階にたどり着いたエレベーターにはさぞかし人が多く乗っているだろうと
思って、入り口を大きく開けて待っていたら、降りてきたのはなんと

3人


しかも普通の体型の三人だ。このエレベーターは確かにせまいが、さすがに
三人で満員になってしまっては需要を満たさないだろう!
そう思って、内側の表示を見たら、上限人数は6人、重量は400キロまでだった。
降りてきた三人は一人頭130キロを超える巨漢には見えなかったのに…
謎の残るエレベーターで一人5階に行くのでした。
[PR]
by skc_rr-22 | 2005-11-14 23:59 | 戯言(雑記)


<< 食堂にて… 11月イベント >>